クラウドマイニングの語彙 写真
ホーム > ブログ > クラウドマイニングの語彙

クラウドマイニングの語彙

38293 分で読める

     

    A


    ALGORITHM(アルゴリズム) - コンピュータソフトウェアによってコード化され、コンピュータソフトウェアによって使用される数学的命令のセット。

    ALTCOIN(アルトコイン) - ビットコイン以外のすべての暗号通貨を含む代替暗号コインを指す用語。

    アプリケーション - 特定の目的を果たすために作成されたコンピュータプログラム。

    ASIC - 特定用途向け集積回路(Application-Specific Integrated Circuit)は、Bitcoinをマイニングするために特別に作成されたマイニングハードウェアです。ASIC デバイスは他の暗号コインのマイニングにも使用できる。


    B


    BLOCKCHAIN - 常に増え続けるデータセット(ブロック)で作成されたオンラインレジスタ。ブロックはあらゆる暗号化プロセスで互いに連携している。

    ブロック - ブロックチェーンはブロックで構成される。それぞれのブロックは、そのブロックが埋まる瞬間までに行われたすべての取引が記録されたデータベースを運ぶ。ブロックは永遠に続く記録であり、いつでも閲覧することができる。

    ブロック報酬 - ブロックの検証に成功したマイナーを奨励する方法。ブロックチェーンの取引の検証によって新しいコインが生成され、その金額の一部が報酬としてマイナーによって集められる。


    C


    COMPATIBLE WALLET - 特定のコインをサポートする暗号通貨ウォレット。

    COMPUTATIONAL/COMPUTINGPOWER(コンピューティング/コンピューティングパワー) - マシンの処理速度。

    構成 - システムのセットアップや要素の配置。ハードウェア、ソフトウェア、またはそれらの組み合わせが含まれる。

    CONSENSUS METHOD - ブロックチェーンの要素間で一般的な合意を達成する方法。

    コンファメーション - ブロックチェーン・ネットワークにおけるデータの動きはすべて承認され、認可されなければならない。これはコンセンサスプロトコルに従って行われ、プルーフ・オブ・ワーク、プルーフ・オブ・ステーク、または別のコンセンサスがある。

    CPU - 中央処理装置、または単にプロセッサと呼ばれる。コンピュータ内部のほとんどの処理を行う。

    CRYPTO - 暗号通貨の略。

    CRYPTO COIN - デジタル通貨単位。

    CRYPTOCURRENCY - 暗号通貨は基本的にネットワークであり、ネットワーク内のすべてのコンピューターが相互に取引を行うことができる。そのため、中央当局を必要としない。

    暗号 - 特定の形式でデータを安全に送受信する方法。この方法では、取引の相手側だけがデータを管理できる。これは実際には情報を暗号化し、復号化するプロセスである。


    D


    DECENTRALIZATION(分散化) - データは一元化されたサーバーに保存されるのではなく、ネットワーク上に分散して保存される。このようなプラットフォームでは、情報は1つのポイントを通過する必要はなく、ピアツーピアとして知られる1つから別のポイントを通過する必要がある。

    DESKTOP WALLET(デスクトップウォレット) - コンピュータのハードウェアにインストールされたソフトウェア。

    DOUBLE SPENDING(ダブルスペンディング) - デジタルプロセスにおける潜在的な欠陥で、同量の暗号通貨が複数回使用される可能性がある。


    E


    EXCHANGE - あらゆる種類の暗号通貨を相互または不換紙幣と交換できるプラットフォーム。


    F


    FIAT CURRENCY - USDやEURなどの国の通貨。

    フォーク - ブロックチェーンが分割され、2つのブロックチェーンのバージョンが同時に実行されることをフォークと呼ぶ。フォークにはソフトなものとハードなものがある。

    FPGA - フィールドプログラマブルゲートアレイ - 異なるアルゴリズムをマイニングするために変更可能な特殊なコンピュータ。

    FULL NODE - ブロックチェーンの全履歴を保持し、取引の正確性を証明することでネットワークをサポートするコンピュータ。


    G


    GB - ギガバイトまたは情報の単位。1,000万バイトに相当する。

    GPU - グラフィック・プロセッシング・ユニットまたはビデオカード。複数のコインをマイニングできる。


    H


    HARD FORK(ハードフォーク) - 以前に確認されたトランザクションのステータスを無効から有効、またはその逆に変更するフォーク。ハードフォークが機能するには、すべてのノードがそれに同意し、プロトコルを最新のものにアップグレードする必要があります。

    HARDWARE WALLET - ユーザーの秘密鍵を保管するための外付けハードディスク。

    HASH - 情報の統一に使用される数学関数。

    ハッシュレート - デバイスの計算能力を1秒あたりのハッシュ数で表したもの。各ハッシュレートは、ネットワークに対してテストされる作成されたブロックである。

    HOSTNAME - コンピュータネットワークに接続された各デバイスが電子通信に参加する際に認識されるラベル。


    I


    ICO - Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)またはプロジェクトを開始するための資金調達(新しいコインの作成)。

    IP ADDRESS - コンピュータネットワーク内の各デバイスにラベルとして割り当てられるインターネットプロトコルアドレス。

    IP REPORTER - コンピュータのIPアドレスを確認するためのプログラム。


    K


    KW/H - 1時間に使用される電力量(1時間当たりキロワット)。


    L


    LATENCY (レイテンシー) - サーバーから遠く離れている場合に発生するインターネットデータの遅延。通常はpingで測定される。

    ライトノード - ブロックチェーン全体を保存しないノードで、シンクライアントとも呼ばれる。これらのノードはブロックヘッダーのみを保存するため、トランザクションを独自にチェックすることはできず、フルノードを信頼する必要がある。


    M


    MARKET CAPITALIZATION - 暗号通貨の相対的な規模を示す指標。以下の式で算出される: 時価総額=価格×流通量

    採掘可能コイン - 採掘の過程で得られるコイン。この種のコインは、トランザクションを検証し、ブロックチェーンに新しいブロックを追加する複雑なアルゴリズムの解を見つけることに成功したマイナーへの報酬として与えられる。

    MINER - ハードウェアまたは暗号マイニングを扱う人を指す。

    マイニング - 暗号通貨の取引を検証するプロセス。

    マイニングアルゴリズム - 特定のコインのマイニングに使用される暗号通貨アルゴリズム。一般的なマイニングアルゴリズムには、SHA-256、Ethash、Scrypt、Cryptonight、X11などがあります。

    マイニングカリキュレーター - クリプトマイニングによる潜在的な利益を見積もるのに役立つツール。

    マイニングの難易度 - マイナーがブロックを作成するために一定時間解決しなければならないタスクの複雑さ。

    マイニングハードウェア - コインのマイニングに使用されるデバイス。CPU、GPU、ASIC、FPGAなどがある。

    マイニングプール(MINING POOL) - ブロックを採掘する確率を高めるために計算能力を結集したマイナーのグループ。報酬は、マイニングプールの参加者が貢献した電力量に応じて比例配分される。

    マイニングリグ - 高いパワーと効率で採掘するために作られたマイニングハードウェアデバイスのセット。

    マイニングソフトウェア - マイニングハードウェアの作業を管理するソフトウェアアプリケーション。また、マイナーの速度、ハッシュレート、ファンの速度、温度などの統計を表示します。

    MOBILE WALLET - モバイルデバイスにインストールされたソフトウェアアプリケーション。


    N


    NETWORK DIFFICULTY - 1つのネットワークで稼働しているマシンの数。マシンの数が多いほど、新しいブロックを見つける難易度が高くなる。

    NODE - ブロックチェーンネットワークに接続されたコンピューター。



    O


    OFFICIAL WALLET - コインの開発者が提供するウォレット。


    P


    P2P ネットワーク - 2台以上のコンピュータが接続され、情報を共有するピアツーピアネットワーク。独立したサーバーPCなしで行われる。

    PAPER WALLET(ペーパーウォレット) - 暗号通貨の貯蓄にアクセスするための公開鍵と秘密鍵を書き留めたり印刷したりする紙。

    PCIE - Personal Component Interconnect ExpressまたはPCIは、デバイス接続の一種。ビデオカードとマザーボードを接続する拡張スロット。ハードウェア・パーツ間の高周波接続を可能にする。

    PING(ピン) - インターネット接続を介してリクエストを送信した後、どれくらいの速さで応答が得られるかを示します。

    PROOF OF WORK (PoW) - アルゴリズムの問題を解決するために投入したコンピューティングパワーに応じてトランザクションを検証することを可能にする概念で、ブロックチェーンに新しいブロックを追加する。

    PUBLIC KEY - 暗号通貨の送受信を可能にする個人アドレス。

    PRIVATE KEY - 所有権の証明書のようなコード。このキーにより、ブロックチェーン上で送信されたコインやトークンにアクセスできる。

    PREMINT COIN - 資金調達キャンペーンとして流通にリリースされたコイン。

    PUBLIC LEDGER - ブロックチェーンで行われたすべての取引の記録。変更することはできず、新しい情報のみが追加される。


    R


    ROI(RETURN OF INVESTMENT) - ROIは、初期投資に対する損益の割合をパーセンテージで示す指標。


    S


    SMART CONTRACT(スマート・コントラクト) - コンピュータコードで記述され、指定された条件下で自動的に実行されるように設定された契約。ブロックチェーン上にある場合、双方が合意する前に確認することができる。このような契約は改ざんや変更ができない。双方がお互いを信頼したり、第三者を介したりする必要はない。

    ソフトフォーク - 既存のブロックチェーン・プロトコルを変更し、それまで有効だった取引を無効にすること。ソフトフォークは、古いノードが新しいブロックを有効なものとして認識するため、後方互換性がある。ソフトフォークが機能するためには、ネットワークを動かすマイナーのほとんどが新しいプロトコルにアップグレードする必要がある。

    ソロマイニング(SOLO MINING) - 他のマイナーとコンピューティングパワーを共有することなく(マイニングプールにいる)、自分だけでマイニングを行うプロセス。


    T


    トランザクション - 暗号通貨がブロックチェーンネットワーク上であるエンティティから別のエンティティに移動すること。

    TRANSACTION FEE - ブロックチェーン上でトランザクションの投影に成功した場合にマイナーに支払われる金額。その時点の難易度やネットワーク全体の能力によって変動する。取引所が関与している場合は、取引手数料全体の一部を徴収することもある。


    U


    UNSPENT TRANSACTION OUTPUT(UTXO) - これは、あるエンティティにのみ送信され、他の場所には送信されない暗号通貨の量を指します。この場合、それらは未使用とみなされるが、ブロックチェーンに保存される。


    V


    バリデーション - ネットワーク内のコンピュータから与えられた情報の正確性をチェックし、それを他のコンピュータに伝えるプロセス。こうすることで、ウォレットAからウォレットBへの暗号通貨の送金が可能になる。


    W


    ウォレット - 暗号通貨が存在するブロックチェーンにアクセスするために使用するコード(公開鍵と秘密鍵)のペアを保持するソフトウェアプログラムまたはハードウェアの一部。暗号通貨ウォレットを使用すると、暗号コインを送受信したり、その残高を監視したりできる。

    WALLET ADDRESS - 特定のウォレットごとに固有の識別子。アルゴリズムの助けを借りて生成される。ハッシュ化された公開鍵または秘密鍵とも呼ばれる。

    ウェブウォレット - オンラインのみで使用される仮想ウォレット。常にオンラインであり、ハッキング攻撃に対してより脆弱であるため、ホットウォレットとも呼ばれる。FirefoxやGoogle Chromeのような様々なウェブブラウザからアクセスできる。このようなウォレットはアクセスが簡単で快適であり、キーペアをオンラインで保管し、第三者の管理下に置かれます。

     

    Avatar

    Eugen Tanase

    1ビットアップ 最高執行責任者

    オイゲン・タナセは1BitUpの最高執行責任者です。長い企業経営のキャリアの中で、再生可能エネルギープロジェクト、エネルギー資源の国境を越えた取引、その他多くの分野で多くの専門知識を得た。2015年からビットコインの主流とともに分散型アプリケーションとブロックチェーンの研究に足を踏み入れる。 2017年からは、WEB3とクラウドマイニングに取り組む。

    0

    0 コメント

    人気の投稿

    人気の投稿