クラウドマイニング詐欺: クラウドマイニングとは何か、クラウドマイニングは安全か? 写真
ホーム > ブログ > クラウドマイニング詐欺: クラウドマイニング詐欺:その発見と回避方法とは?

クラウドマイニング詐欺: クラウドマイニング詐欺:その発見と回避方法とは?

17233 分で読める

    クラウドマイニングは、ビットコインのダイナミックな領域で有望な手段として浮上しています。クラウドマイニングは、ハードウェアへの大規模な投資や専門的な技術的専門知識を必要とせずに、個人がマイニング活動に参加する機会を提供します。
    しかし、利益の可能性の中に、クラウドマイニング投資に内在するリスクが影を落としています。迅速なリターンの魅力とデジタル取引の匿名性は、ビットコインの自動クラウドマイニング詐欺のような詐欺のための肥沃な土壌を作り出している。このような詐欺的なスキームは、多くの場合、魅力的な約束で偽装され、疑うことを知らない個人の楽観主義と投資を食い物にしています。非現実的なリターンを提供したり、マイニング施設の存在をでっち上げたりすることで、これらの詐欺はクラウドマイニングの評判を落とし、投資希望者に注意を払うことの重要性を強調しています。

    クラウドマイニングは詐欺なのか?

     
    クラウドマイニングは合法なのでしょうか?合法的な企業は、マイニング機器やハッシュパワーを顧客に貸し出すことで、マイニングサービスを提供しているため、本質的には詐欺ではありません。しかし、この業界は詐欺や不正行為によって傷つけられてきたため、投資家は注意を払う必要があります。
    クラウドマイニング企業の中には、非現実的なリターンを約束したり、マイニング能力を偽って説明したり、単に投資家の資金を持ち逃げしたりするなど、人を欺く行為を行っているところもある。このような詐欺は、業界の透明性と規制の欠如を悪用し、疑うことを知らない個人の金銭的損失につながりました。
    投資家は資金を投資する前に、クラウドマイニング会社の正当性を徹底的に調査し、確認することが不可欠です。これには、会社の評判をチェックし、顧客からのフィードバックを確認し、業務の透明性を評価することが含まれます。さらに、投資家は、正確であるにはあまりにも良すぎると思われるオファーに注意し、失うことができる分だけを投資する必要があります。
    合法的なクラウドマイニングサービスを利用すれば、投資家はハードウェアの管理に煩わされることなく暗号通貨のマイニングに参加することができますが、クラウドマイニングの状況をナビゲートする際には、警戒心と慎重さを保つことが極めて重要です。

    詐欺の種類

     

    クラウドマイニング詐欺の核心は、詐欺師がマイニングハードウェアやインフラを所有することなくクラウドマイニングサービスを提供すると称する欺瞞的な行為です。あらゆる側面から見ていきましょう: 


    ソーシャルエンジニアリング詐欺


    ソーシャルエンジニアリング詐欺は、個人から機密情報を入手するために心理的な操作と欺瞞を伴います。犯人は様々な手口で被害者を欺き、口座や財務に関する機密情報を漏らします。政府機関、信頼できる企業、技術サポート担当者、地域社会のメンバー、同僚、友人など、信頼できる存在になりすますことがよくあります。
    詐欺師は、行動を起こす前に、信頼関係を築き、ターゲットの信頼を得ることに時間をかけます。信頼性と正当性を確立するために、長時間のやり取りを行うこともあります。最終的には、秘密鍵の開示を要求したり、デジタルウォレットに送金するよう被害者を説得したりします。

    ロマンスを約束する詐欺

     

    詐欺師は、出会い系ウェブサイトを悪用し、新しい知人や長期的なパートナーなど、疑いを抱いていない個人と偽の恋愛関係を築くことがよくあります。被害者が詐欺師への信頼を深めると、会話はしばしば、儲かるとされる暗号通貨の機会についての議論に移行する。最終的には、詐欺師は暗号通貨資産を要求したり、口座の認証情報を譲渡したりする。
    米連邦取引委員会(FTC)によると、2022年にロマンス詐欺で報告された被害のうち、20%近くが暗号通貨に絡むものだった。ロマンス詐欺は、愛情を約束しながら結果的に金銭をだまし取るもので、金銭詐欺のトップカテゴリーにランクされている。FTCの報告によると、このような詐欺でだまし取られた金額の中央値は4,400ドルで、被害総額は13億ドルにのぼる。

    偽者詐欺と景品詐欺

     

    詐欺師は、有名人や著名人、暗号通貨コミュニティ内で影響力のある人物になりすますことが多い。潜在的な被害者を誘惑するために、これらの詐欺師はしばしば「景品詐欺」を行い、送られてきた暗号通貨と同額または倍増することを約束します。
    精巧に作られたこのような偽のメッセージは、一見本物のように見えるソーシャルメディアのアカウントを通じて発信されることが多く、偽の信頼性と緊急性を生み出している。一生に一度」と称されるチャンスの魅力に取り付かれ、投資に対する即座の見返りを期待して、個人は急いで資金を送金することになる。

    フィッシング


    暗号通貨分野では、フィッシング詐欺が最も評判の高い暗号ソフトウェア・ウォレットの情報を狙うことがよくあります。具体的には、詐欺師は暗号ウォレットに関連する秘密鍵(暗号通貨保有へのアクセスを許可するパスワードのようなユニークな英数字の文字列)を入手することを目的としています。
    フィッシング詐欺は、消費者をターゲットにしたサイバー攻撃の中で最も多く発生している形態の一つである。FBIのデータによると、2022年には30万人以上がフィッシング詐欺の被害に遭い、総額5,200万ドルの損失を被った。
    このような詐欺の手口は通常、よく知られたパターンに従っている。犯人は、財布の所有者を合法的なプラットフォームに似せて設計された偽のウェブサイトに誘導するリンクを含む詐欺メールを送信する。これらのサイトに誘導されると、被害者は秘密鍵を入力するよう促される。

    脅迫と恐喝

     
    脅迫は、詐欺師が用いるもう一つの一般的なソーシャル・エンジニアリングの手口です。これらの加害者は、潜在的な被害者に対し、アダルトサイトやその他の不正なオンラインプラットフォームでの活動の証拠を持っていると主張します。その後、彼らは個人が彼らの要求に応じない限り、この機密情報を開示すると脅します。この要求には、秘密鍵の漏洩や保有暗号通貨の放棄を伴うことがよくあります。このような事件は、犯罪的な恐喝未遂であることを認識し、FBIなどの法執行機関に速やかに報告し、調査と適切な措置を取ることが重要です。

    投資やビジネスチャンスに関わる詐欺


    古くから言われている格言、「うそのような本当の話なら、おそらく本当だろう」は、投資の領域、特に変動の激しい暗号通貨の領域に足を踏み入れる個人には特に当てはまります。多くの利益追求型の投機家は、「保証されたリターン」を約束する欺瞞的なウェブサイトや、投資家が誇張されたリターンと引き換えに多額の投資をしなければならない魅力的な設定に誘われている。残念なことに、このような誤解を招く保証は、投資家が投資額を回収できないことに気づいたとき、経済的破滅に至ることがよくあります。

    ICOとNFT


    ICO(イニシャル・コイン・オファリング)やNFT(ノン・ファンジブル・トークン)のような暗号資産への投資は、詐欺師が無防備な個人から搾取する新たな手段を提供します。こうした暗号ベースの投資やビジネス・ベンチャーは有望に見えるかもしれませんが、しばしば現実と乖離しています。
    例えば、詐欺師はICOのウェブサイトを捏造し、危殆化したデジタルウォレットに暗号通貨を入金するようユーザーを誘導することがあります。あるいは、ICO自体に罪がある場合もある。創設者が規制されていないトークンを配布したり、虚偽の製品広告で投資家を欺いたりすることもある。

    ラグ・プル


    ラグ・プルとは、プロジェクトの開発者やクリエイターが、分散型金融(DeFi)プロジェクトからの流動性を突然放棄したり引き揚げたりして、その価値を急落させる、暗号通貨分野における詐欺的な手口を指す。これは通常、投資家がプロジェクトに多額の資金を投入した後に発生し、関係者に大きな損失をもたらす。基本的に、これは投資家の足元から「敷物を引き抜く」ことであり、投資家には価値のないトークンや投資が残されることになる。ラグ・プルはスマート・コントラクトや分散型プラットフォームの脆弱性を悪用することが多く、DeFiプロジェクトに対する投資家の信頼と信用に有害な影響を与えるため、暗号コミュニティ内で重大な懸念となっている。

    クラウドマイニング


    クラウドマイニングは安全か?プラットフォームはしばしば個人購入者や投資家をターゲットにし、継続的なマイニングパワーと報酬を確保するために先行投資するよう誘惑します。しかし、これらのプラットフォームは、実際には約束したハッシュレートを所有していない可能性があり、最初の支払いを受け取った後に報酬を提供できない可能性があります。クラウドマイニングは本質的に詐欺的なものではありませんが、資金を保護するためには、投資を行う前に注意し、プラットフォームについて徹底的なデューデリジェンスを行うことが極めて重要です。

    なぜ暗号通貨業界は詐欺に遭いやすいのですか?


    暗号通貨業界は、いくつかの要因から特に詐欺に遭いやすい:

    • 規制の欠如: 規制の欠如:暗号通貨市場は比較的新しく、多くの管轄区域で包括的な規制が必要です。
    • 取引の匿名性と不可逆性: 暗号通貨の取引は仮名で不可逆的であるため、詐欺行為を追跡したり、一度送金された資金を回収したりすることが困難である。
    • 技術の複雑さ: 暗号通貨とブロックチェーン技術は複雑で、一般人が理解するのは難しい。
    • 高い利益の可能性: 暗号通貨の価格は変動しやすく、大きな利益を生む可能性があるため、迅速なリターンを求める投資家が集まる。
    • 市場のグローバルな性質: 暗号通貨市場はグローバルに運営されており、取引は国境や管轄区域を越えて行われる。このような非中央集権的な性質により、規制当局が法律を一貫して監視・執行することは困難であり、詐欺師が規制の裁定を悪用する機会を生み出している。
    • 投資家教育の欠如: 多くの投資家は、暗号通貨やブロックチェーン技術について、より多くの知識や教育を必要としている。
    • 新技術の出現: 暗号通貨分野の技術革新のペースが速いため、新しい技術や製品が出現し、その中には実験的なものや理解が不十分なものもある。
     

    暗号詐欺を避けるには?


    ここでは、詐欺の被害に遭わないためにできるいくつかのステップを紹介する:

    • 秘密鍵の共有を避ける: 秘密鍵の共有を避ける:暗号通貨の秘密鍵を誰とも共有しないこと。
    • 非現実的な約束に注意する: 高いリターンや迅速な利益を約束する企業や個人には注意しましょう。
    • 投資マネージャーには注意すること: あなたの資金を急速に増やすことができると言って、勝手に連絡してくる投資マネージャーには注意してください。
    • 有名人の推薦には懐疑的になること: 暗号通貨投資を推奨する有名人を名乗る人物からのメッセージは無視しましょう。
    • オンライン上の人間関係に注意する: 出会い系サイトやアプリで知り合った場合、特に暗号通貨投資について話し始めたら、送金には慎重になること。
    • 不審なメッセージは無視する: あなたの口座が凍結された、あるいは危機に瀕していると主張し、問題解決の支援を申し出る企業からのテキストメッセージやメールは無視すること。
    • 政府や公共機関からのメッセージを確認する: 政府機関、法執行機関、公共事業会社から、口座や資産が凍結されているとの連絡を受けた場合は、返信する前に、そのメッセージが真正なものであることを公式ルートで確認してください。
    • 求人情報にご注意ください: 現金から暗号への変換業者や暗号採掘業者の求人情報が掲載されている場合は、詐欺行為の隠れみのになっている可能性があるため、注意が必要です。
    • 脅迫行為を報告する: 暗号通貨を送らなければ、あなたに関する露骨な情報を暴露すると脅された場合は、直ちに報告してください。
    無料」の勧誘を拒否する: 無料」のお金や暗号通貨の迷惑な申し出は、詐欺の餌として使われることが多いので注意してください。
     

    結論

     
    多くの個人にとって、暗号通貨への急騰は西部開拓時代の未開の魅力に似ている。しかし、歴史を振り返ってみると、一攫千金を狙うあまり、多くの投機家が破滅に追い込まれた。
    暗号通貨のエコシステムが広がり、複雑になるにつれ、必然的に詐欺師の格好の標的となる。暗号通貨詐欺は、一般的に2つの主要なカテゴリに分類されます:機密アカウントまたはセキュリティ情報を取得するために社会的に設計されたスキームと、ターゲットが侵害されたデジタルウォレットに暗号通貨を転送するように強要するように設計されたスキーム。詐欺師があなたの情報(そして最終的にはあなたの資金)を得るために採用する標準的な手口を熟知することで、潜在的な暗号関連の詐欺を効果的に特定し、罠にかかる前に阻止することができます。
    Avatar

    Eugen Tanase

    1ビットアップ 最高執行責任者

    オイゲン・タナセは1BitUpの最高執行責任者です。長い企業経営のキャリアの中で、再生可能エネルギープロジェクト、エネルギー資源の国境を越えた取引、その他多くの分野で多くの専門知識を得た。2015年からビットコインの主流とともに分散型アプリケーションとブロックチェーンの研究に足を踏み入れる。 2017年からは、WEB3とクラウドマイニングに取り組む。

    0

    0 コメント

    人気の投稿

    人気の投稿