ステーキングとは? 写真
ホーム > ブログ > ステーキングとは?

ステーキングとは?

19372 分で読める


    クリプトステーキングとは何ですか?

     

        最もシンプルな言い方をすれば、ステーキングはマイニングの代替手段です。伝統的に、暗号コインのマイニングは、ブロックチェーンに新しいブロックを追加し、新しい暗号コインをアンロック(鋳造)するために、複雑な数式を解くために多くのコンピューティングリソースを使用します。

        しかし最近、「伝統的な」マイニングに対する反発がある。というのも、マイニングはエネルギーを大量に消費するため、かなりの環境破壊を引き起こすからだ。いくつかの暗号通貨の二酸化炭素排出量は相当なもので、暗号通貨は解決するよりも多くの問題を引き起こすのではないかという懸念につながっている。

        暗号通貨はほとんどの場合、分散型である。非中央集権的であるため、全員が正しい認識を持つための何かが必要となる。そのプロセスはコンセンサス・メカニズムと呼ばれる。

        従来のマイニングに依存する暗号は、プルーフ・オブ・ワークと呼ばれる。プルーフ・オブ・ワークは、暗号マイニングに関連するデータを使用する。データプロセスを使用してトランザクションを検証し、トランザクションが繰り返されていないことを確認する。プルーフ・オブ・ワークが実際に機能するのは、より単純なブロックチェーンの場合だけだ。例えばビットコインは、チェーン自体がかなり単純なので、プルーフ・オブ・ワークを使うことができる。しかし他のブロックチェーンでは、処理が複雑になればなるほど、プルーフ・オブ・ワークは非常に非効率になる。システムは詰まり、取引は遅くなり、手数料は高くなる。

        クリプト・ステーキングは、独自のブロックチェーンを成長させることで、この問題を回避するために他のシステムで使われている。このアイデアは、人々がマイニングを行うことなくブロックチェーンにブロックを追加できるというものだ。その代わりに、すでに持っている暗号コインを特別なウォレットに固定し、「ステーキング」する。つまり、場合によっては(少なくとも理論的には)、生態系に悪影響を及ぼす可能性のある大量の計算能力を使わずに、新しいコインを手に入れることができるのだ。

        暗号のステーキングも、理論的にはマイニングよりかなり速く、障害やボトルネックが少ないことを意味する。そしておそらくもっと重要なのは、トランザクションも安くなるということだ。このコンセンサスの仕組みは、プルーフ・オブ・ステークと呼ばれる。

       クリプトステーキングの潜在的メリット

     

        クリプトにステーキングしている人に与えられる報酬の支払いで、投資に対するリターンを得られると思えば、ステーキングしたいと思うかもしれません。例えば、市場が十分に上昇し、コインを売却または交換することで利益を得ようと思うまで、暗号をウォレットに入れたままにしておくよりも、ステーキングの方が良い選択肢だと思うかもしれません。

        ステーキングでは、ステーキングしたコインで報酬を得るだけでなく、プロトコルによってはガバナンストークンを発行し、ネットワークの運営方法について発言することができます。つまり、暗号の世界により深く関わることができるのです。

        また、いくつかのプロトコルでは、他のステークホルダーとチームを組んでステークプールを作ることができます。このプールでは、ステークした暗号をプールし、ブロックチェーン上のブロックの検証に選ばれた場合に報酬を共有することができます。

        コールドステーキングと呼ばれるプロセスもあり、これはステーキングしたコインをオフラインのウォレットに保管するものだ。コールドステーキングが実際に機能するのは、相当な額の仮想通貨が絡んでいる場合のみですが、オンラインウォレットに保管するよりもはるかに安全であるという利点があります。

        ステーキングに最適な暗号」はありません。プルーフ・オブ・ステークをサポートするブロックチェーンを使用していることを確認する必要があります(例えば、ビットコインはプルーフ・オブ・ワークであり、ステーキングを許可していません)。いつものように、潜在的なリスクと報酬を明確にするために、自分で調査することが不可欠です。
    Avatar

    Eugen Tanase

    1ビットアップ 最高執行責任者

    オイゲン・タナセは1BitUpの最高執行責任者です。長い企業経営のキャリアの中で、再生可能エネルギープロジェクト、エネルギー資源の国境を越えた取引、その他多くの分野で多くの専門知識を得た。2015年からビットコインの主流とともに分散型アプリケーションとブロックチェーンの研究に足を踏み入れる。 2017年からは、WEB3とクラウドマイニングに取り組む。

    0

    0 コメント

    人気の投稿

    人気の投稿